グローバルWiFiを割引価格で申し込む方法とは?

海外旅行に必須なパスポートの申請方法と注意点

海外旅行に必須なのが「パスポート」です。
特に初めて海外旅行に行く際はパスポートをいつまでに用意しておかなくてはいけないのかや注意点を知っておく必要があります。

 

パスポートは旅行に行く1ヶ月から2週間くらい前には用意しておくと安心です。
事前に用意しておく理由は、航空券の予約時にパスポートに記載されている氏名で登録する必要があるからです。
航空券の予約時にはパスポートに記載された氏名の情報が必要となり、パスポートの記載されているローマ字の氏名と航空券の予約時に入力したローマ字の氏名が違っていた場合、飛行機に搭乗することができません。

 

ここで注意しておいて欲しいのが、パスポートの申請から受領されるまでに1週間から2週間程度かかります。
申請が遅れてしまうと旅行に間に合わないということにもなりかねませんので、旅行に間に合うように申請をしましょう。

 

申請時には一般旅券発給申請書、戸籍謄本、住民票の写し、写真、身分が証明できる書類が必要です。
未成年の方は法定代理人の欄に両親どちらかの署名が必要となります。

 

書類が1つでも足りないとパスポートの申請はできず、本人確認の為の写真ひとつでも顔がはっきりと写っているか、髪型が変わっていないかなども気をつけないといけません。
申請は住民登録のある都道府県のパスポート申請窓口で行います。
申請は代理人でも可能ですが、パスポートの受け取りの際は本人が交付窓口に行く必要があることも覚えておきます。
受け取りには手数料を支払う必要があります。
手数料は10年パスポートで16000円、5年パスポートは11000円となり、12歳未満は5年パスポートで6000円となります。
20未満の場合は5年パスポートのみとなります。

 

よって、申請から受け取りまで余裕を持ち、パスポートを準備する必要があることが分かります。
写真ひとつでも細かく言われることもがありますので、パスポートの申請窓口の近くの写真屋さんで撮影してもらうのがおススメです。

 

海外旅行に必須なパスポートは申請時に住民票や戸籍謄本、手数料、写真など事前に用意するものも多く、戸籍謄本は本籍と現在住んでいる都道府県が違うと本籍があるとど府県に発行を依頼しなくてはいけなくなるので、特に初心者は余裕を持った早めの準備が必須なのです。

関連ページ

大自然とショッピング満喫!ハワイ島&ホノルルへ
グローバルWiFiは割引価格で申し込む方法があります。その方法とは…?
海外旅行で現地語に全く苦労しなかった話
グローバルWiFiは割引価格で申し込む方法があります。その方法とは…?
New Yorkへ一人旅
グローバルWiFiは割引価格で申し込む方法があります。その方法とは…?
海外旅行にオススメの台湾
グローバルWiFiは割引価格で申し込む方法があります。その方法とは…?